LCCとは

LCCとは、ローコストキャリアの略で、いわゆる格安航空券のことです。航空会社にもさまざまな会社がありますが、そのなかでも、より効率的な運賃によって、より低価格の運賃での運航サービスを提供することができる航空会社のことをいいます。アメリカでの航空自由化が契機となり、こういった航空会社が登場し、世界的な規模で航空規制緩和が進んでいるのが現状です。その影響で、世界の各地で数多く格安航空券を発券する会社が増えているのです。

例えば、アメリカにあるサウスウエスト航空、イギリスのイージージェットや、マレーシアにあるエアアジアなど、新しくできた航空会社ではなく、既存の大手の航空会社がLCC事業に参入しているケースもあります。そういったなかで、LCCは、世界的にシェアを伸ばし続けていますが、急成長する会社と、事業停止に追い込まれたり、経営破綻となってしまう企業とに道が分かれてしまうようです。この確約航空券サービスを提供する航空会社の戦略は、独自の戦略でもあり、すでにある大手航空会社と常に競争を繰り広げてきました。

従来の大手航空会社では、充実した運行ネットワークや、多様なサービスで、空の旅において顧客満足度を高める戦略でしたが、そういったビジネスモデルとは異なるサービスを提供しているのがLCCだと言えるでしょう。機内食などのサービスを廃止してしまったり、優良化することでコスト削減をはかっているのです。

Copyright © 2014 海外のLCC All Rights Reserved.