羽田LCCについて

日本でもっとも国内線が運航しているといえる羽田空港では、日本各地から格安航空会社であるLCCが多数就航しています。とくに、多い地域としていえるのは、札幌や福岡などの路線ではないでしょうか。ただし、LCCといっても、ピーチ、ジェットスター・ジャパンなどの代表的でもあり、本格的なLCCではありません。

これらの航空会社は、羽田を発着する便がないため、運航することができないのです。そこで、羽田空港は、エアドゥやスカイマークなどの、いわゆるフルサービスLCCだけが運航しています。羽田空港が、ピーチやジェットスター・ジャパンなどの航空会社を運行拒否しているわけではないのですが、羽田空港の国内発着便としては、2013年の3月末に新規配分枠が決められてしまい、そこでピーチなどが参入できる枠がなかったのです。それ以外の本格LCC会社の参入も当面厳しい状況にあるといえるでしょう。

国内線については、前述の通りなのですが、国際線については、エアアジアXが、本格的LCCとして、古くから就航しているため、今でも利用できます。実際、2013年の11月には、香港エクスプレスが就航しました。今後も、航空会社に快適さを求めるか、安さを求めるのか、ニーズは分かれていくでしょう。

Copyright © 2014 海外のLCC All Rights Reserved.